配偶者貸付

配偶者貸付について

カードローンに関しては申し込みがあった際、利用できるかどうかの審査を行いますが、それ以前にいくつかの申し込み条件というのもあります。
まず自分が申し込み条件を満たしているかどうかを確認してみましょう。
またカードローンにも消費者金融系・銀行系と種類があるので、種類ごとに条件も多少変わってきます。

 

配偶者貸付という制度がありますが、これは専業主婦の場合収入はないものの、配偶者である夫に収入があれば夫婦2人の年収として考えるものです。
妻と夫の借り入れ合計が年収の3分の1以内であれば、総量規制にも引っかからないので、専業主婦でも配偶者貸付制度を利用すれば、消費者金融のカードローンに申し込みが出来ていました。
しかし貸金業法が改正されたこともあって、現在は自身に収入が無い専業主婦は消費者金融が利用できなくなっています。
これは夫の同意があっても、収入証明書の提出が可能であっても同じで、現在は専業主婦が消費者金融でお金を借りるには、自身がパートやアルバイトで収入を
得ない限り申し込みしても利用を断られてしまいます。

 

では専業主婦はカードローンの利用ができないのか?というと、そうではありません。
総量規制の対象となり、配偶者貸付制度が利用できないのは、消費者金融系のカードローンです。

 

銀行系のカードローンは主体が銀行となっています。
銀行は消費者金融のように貸金業ではないので、総量規制の対象外となります。
このおかげで全く収入のない専業主婦でも、銀行系のカードローンなら申し込みが可能となっています。

 

さらなるメリットとして、夫の同意も収入証明書も不要なので、夫に内緒でカードローンを利用したい人も安心という点もあります。
必要書類は運転免許証や健康保険書などの、身分証明書だけでOKだから気軽に申し込めます。
専業主婦が申込可能であっても審査は行われますので、場合によっては審査に落ちることもあります。

 

この場合考えられるのは、過去にカードローンの利用歴があり、返済事故を起こしている人です。
カードローンの利用があっても、問題なくきちんと返済していれば信用情報機関の記録を照会されても全く問題ありません。
返済実績があるのでこういう点でもプラスになる事があります。
審査内容に関しては一切非公開となっていますが、過去に問題がなければ専業主婦でも銀行系のカードローンに申込出来ます。

 

ただし専業主婦が利用できるカードローンは、利用限度額の上限が決まっています。
多少銀行による違いもありますが、30万円までとしているところが多いようです。

 

この場場合も最初は10万円からのスタートとなるケースもありますし、最初から30万円の枠をもらえるなど、銀行によって違います。
この範囲内であれば何度でも繰り返し利用できますし、消費者金融系と比べると低金利なところも魅力です。
もしも利用限度額いっぱいまで借りてしまっても、専業主婦のカードローンは利用限度額の増額は出来ませんので、計画的に利用することをおすすめします。

関連サイト紹介

■専業主婦がお金を借りる方法S4|旦那に内緒OKのカードローン
http://www.mitaakira.com
家族に秘密で借りられるのはどのカードローン会社?
専業主婦がお金を借りる方法S4ではバレないキャッシング会社と借入方法を紹介しています。
金利の比較にも役立ちます!